小顔になって自分に自信をつけよう|綺麗な肌をゲットできるチャンス

女性

いろいろな治療方法

美容整形

注入系治療

肌というものは真皮層に備わっている美肌成分がなくなると、肌はたるみとなります。このたるみを治療するには注入系治療が、気軽に受けることができるので、注目されています。その注入系治療には次のようなものがあります。ヒアルロン酸注入はその代表的なものです。これはヒアルロン酸を直接肌に注入することで、たるみを改善するというものです。また、ボトックス注射はボツリヌス菌を注射して、筋肉を収縮させて肌にハリを生み出します。そうして、たるみやシワを治療するわけです。さらに、血小板を注入することもあります。血小板には多くの成虫因子が含まれているので、肌に成長因子を入れて肌を若返らせるのです。注入系治療の代表的なものは以上になります。

その他の施術法

肌のたるみの治療方法としては、注入系治療だけではありません。レーザー治療もあります。これは高周波レーザーを照射して美肌成分を生成させます。中にはダイオードレーザーを組み合わせることもあります。また、糸を挿入してたるみとなった脂肪を上に引っ張り挙げる治療法です。これは特定の部位ではなく顔全体が引っ張られますので、顔全体のたるみを治すのに非常に高い効果があります。さらに、メスを使用して脂肪を切除する方法もあります。従来はこの方法が主流でした。効果は半永久的に継続しますので、確実に治療したいという人には、おすすめの方法です。メスを使用しない施術の場合であれば、その効果の持続は1年から2年程度になります。